ACAP

20Q3.02A

高位合成で加速するアクセラレータ開発 (5) ~ 高位合成と C ベース設計 3章

高位合成と Alveo を使い、ビジネスとして成立するレベルのアクセラレータを短期間で開発するために、開発フロー全体の中に C ベース設計をどう位置付ければいいのか、考えていきます。
20Q3.02A

高位合成で加速するアクセラレータ開発 (3) ~ 高位合成と C ベース設計 2章

目次 2. アーキテクチャの検討 2-1. FPGA 優位のデザインパターンと典型問題 ■ 高性能アーキテクチャの鉄則 ■ タスク “内” の並列性と課題 ■ タスク “間” の並列性と課題 ■ HLS-C で表現できないケース 2-2. 実装品質の限界まで求められるケースも 2-3. そもそもハードウェア化すべきなのか? Coffee Break. 最終形は 「ML+X」 over 「AIE+PL」 かも?...
タイトルとURLをコピーしました